事故のトラブル

電卓

示談を成功させてから費用を決める

交通事故に関する示談や訴訟を専門の弁護士に相談するときには、その示談や訴訟に関する費用を計算してもらわなくてはいけません。 基本的に、弁護士に対する交通事故の費用はその場で全て決まるわけではなく示談や訴訟が成功してからの報酬として支払うことが出来ます。 例えば、示談が成功したときにはそれによって得ることが出来た慰謝料の10%程度を支払うと言った形で大まかに決めておくのです。 そして、実際に交渉があって弁護士が交通事故の過失責任を相手に認めさせたときに初めてお金を支払うことになります。 もちろん、弁護士に対する報酬に関しては相談費用なども含めるためこれらに関しては別途殿程度かかるのかを調べなくてはいけません。

自力での交渉はほとんどない

交通事故の示談交渉や訴訟は、自力による手段は全くと言って良いほどありません。 大半の場合で専門の弁護士に依頼をして問題を解決してもらうことになります。 では、なぜ交通事故の案件では必ず弁護士が登場するのでしょうか。 それは、話し合いが事故の当事者同士だけで進めるものではないからです。 交通事故に関しては、事故に関連する多くの利害関係人を巻き込むことになります。 実際に慰謝料を請求するときにはその利害関係人が全て参加して交渉することになるため、専門的な知識が必要になるのです。 相手は必ず専門の知識を有した人物を用意するため、安易な交渉では良い結果を得られることが出来ません。 だからこそ、交通事故の案件では弁護士に相談することが賢明なのです。