種類

書類を持つ女性の手もと

「賢い離婚」をすすめるために

離婚するのは、結婚するよりはるかにエネルギーがいるとよく言われます。どちらも用紙を一枚届け出ればすむことなのですが、経験者のみなさんの話を聞きますと、確かに離婚のほうがずっと大変なようです。その理由の一つとして、子どものことがあります。親権をどちらがとるかというのは、子どもの将来にかかわる大きな問題です。さらにお金の問題もあります。養育費、慰謝料、財産分与、年金などです。自分たちで解決できればよいのですが、将来的なことを考えると、やはり離婚専門の弁護士に依頼するのがベストです。最近は離婚を専門に扱う「離婚専門弁護士」が増えてきました。多くの弁護士事務所は離婚専門の女性弁護士をかかえています。女性の立場から適切なアドバイスをくれる離婚専門の弁護士を見つけることが「賢い離婚」をする第一歩といえるでしょう。

よい離婚専門弁護士をさがす方法

弁護士の中には企業問題が得意な方もいれば、自己破産が得意という方もいます。離婚を決意した時に必要なのは、離婚専門弁護士です。自分の納得のいく結果をえるためには、腕がよく親切な離婚専門弁護士をさがすことを一番にしなければならないでしょう。そのさがし方は、ネットで調べるのもいいですし、役所の専門窓口で聞くのもよい方法です。もっとよい方法は、離婚専門のソーシャルワーカーに相談することです。たいていは役所に勤務しています。ソーシャルワーカーは、特に女性の場合、多くの離婚案件にたずさわっています。したがってその地域で一番優秀な離婚専門弁護士を知っています。しかも費用がかかりません。利用できるものは何でも利用して「賢い離婚」をすることが大事です。